よくあるご質問 訪問看護ステーションアクティブ大内へのQ&A

訪問看護師を頼みたいときに、誰に相談すればよいのでしょうか?
●かかりつけの医師
●医療機関の相談窓口(地域連携室等)
●最寄の在宅介護支援センター・居宅介護支援事業所(ケアマネジャー)
●市役所介護保険課・高齢障害課の窓口等(福祉相談総合窓口等)
●介護施設の相談窓口(相談員等)
●民生委員
●最寄の訪問看護ステーション
へご相談下さい。
65歳未満で介護保険の認定を受けていませんが、訪問看護に来てもらえますか?
介護保険の認定がなくても、健康保険等の保険証を持っておられ、かかりつけの医師から、訪問看護の依頼があれば可能です。また、かかりつけの医師がおられない場合でも、最寄りの訪問看護ステーションまたは在宅介護支援センター・居宅介護支援事業所(ケアマネジャー)等へご相談ください。
現在入院中で、呼吸器等の病気のため人工呼吸器をつけ、24時間継続の点滴もしていますが、本人が自宅等へ帰りたいと希望しています。このような状態でも自宅等での療養はできますか?
その方の病状にもよりますが、まずは最寄りの訪問看護ステーションや医療機関の相談窓口担当者の方にご相談下さい。
現在施設に入っていますが、そろそろ自宅での療養をと勧められています。(現在入院していますが、そろそろ退院をと勧められています。)病気もありますし、自宅に戻っても、一人暮しなのでとても不安です。どうしたらよいでしょうか?
まずは、施設の相談員さんやケアマネジャー(医療機関の退院相談窓口等の担当者)にご相談下さい。病気についてのご相談は、訪問看護師が必要に応じて担当医師や看護師さんとのお話をさせて頂くこともできます。
難病(身障・精神・被爆者)等の認定を受けています。訪問看護を受けた場合、費用はどのくらいかかるのでしょうか?
最寄りの訪問看護ステーション・市役所障害福祉担当者にご相談下さい。各種認定を受けておられない方も、ご利用料金等についてお気軽にご相談下さい。
悪性腫瘍のため、病院での治療効果が望めない状態です。最期は住み慣れたわが家で自分らしく過ごしたいと思いますが、痛みや病状の悪化などに対して家族も心配しています。痛みの緩和や何かあった時どうすればよいのでしょうか?
病気の状態にもよりますが、ご自宅で過ごしていただけるように主治医の先生と相談をしながら痛みやいろいろな症状の緩和をすることができます。まずは主治医の先生、医療機関の退院相談窓口担当者もしくは当ステーションへご相談下さい。また、山口市では「在宅緩和ケア推進事業」により、山口赤十字病院内に「在宅緩和ケア支援センター」(083-921-6510)や山口市福祉総合相談窓口(083-934-2758)も設置されています。
ページのトップへ