• ご来院のみなさまへ
  • 病院紹介
  • 診療科のごあんない
  • グループ事業・関連事業
  • 医療関係者のみなさまへ
  • 活動・取り組み

嚥下食(えんげしょく)レシピ

ひと工夫で、やわらかく、おいしく─嚥下食(えんげしょく)レシピ

脳卒中の後遺症や高齢により、食事の際「喉につまる」「むせる」ことで普通の食事を摂ることが非常に困難になってきます(摂食嚥下障害)。そのため、低栄養や脱水に陥ったり、食物が気管や肺へ入ることによる肺炎(誤嚥性肺炎)や窒息の危険性も出てきます。 これらの方を対象に「食物の形態を変えて飲み込みやすく工夫した食事」を嚥下食といいます。 当院においては、聖隷三方原病院の嚥下食を参考に平成14年9月より取り組んでいます。ここでは歯がなくても容易に歯茎で食べることのできる「やわらかい嚥下食」を紹介します。

お肉のおかず
魚介のおかず
野菜のおかず
たまご・豆腐
ごはん・めん
お菓子

嚥下食とは(嚥下食ドットコム http://www.engesyoku.com へリンク)

ページのトップへ