• ご来院のみなさまへ
  • 病院紹介(法人紹介)
  • 診療科のごあんない
  • グループ事業・関連事業
  • 医療関係者のみなさまへ
  • 活動・取り組み
イメージ

リハビリテーション部のご紹介

    柴田病院が行うリハビリテーションについて

〈 はじめに 〉

セラピストに求められる事とは何でしょうか?
『豊富な知識に基づいた技術』『医療の模範となるような人格』『患者様お一人おひとりに寄り添った的確なリハビリ』
いずれも欠くことのできない我々に求められる重要なテーマです。
これらを少しずつ、1つ1つ習得し、体得し、実践する。それが地域にとって、ひいては日本にとって良いことだと信じ、たゆまぬ努力とあくなき探究心でリハビリテーションを提供してまいります。

〈 理学療法士 上條寛司 部長からのメッセージ 〉

イメージ長く続く痛み(首、肩、腰、膝、手指など)でお困りの方へ
あきらめていませんか?

◎整形外科に通ったけどなかなか治らない
◎薬や注射をしたけど良くならない
◎骨や神経の問題なので簡単には治らない
◎整体にも通ったが治らない
◎休んでも治らない

特に異常がなくても「痛いものは痛い」と多くの方が悩んでいると思います・・・
頑固な肩こり、長年の腰痛もきちんと体の声を聞いてあげ正しく導いてあげれば見違えるほど改善することができます!
レントゲンに異常がある痛みも異常がない痛みも改善することが最も得意とする分野です!

あなたの腰痛!問題は腰にあると思いますか?
あなたの膝や肩の痛み!痛いところにだけ問題があると思いますか?
あなたの症状を根本的に解決することができます!

多くの痛みを訴える方々を悩ませている痛みのほとんどは、筋肉と脂肪(異所性)のトラブルがもとで起こる血行不良によるものと考えられます!

そのトラブルの元となる「姿勢」や「動き」を見分け、適切な状態へ導くことで永年抱えた痛みという苦しみから開放することができます。

もちろんこれまで良いと思って使ってきた自分のカラダの「癖」は簡単には変えられません!しかし、悪い癖を生んでいる「筋肉」や「脂肪」をできるだけ正常に戻すことでどなたでも楽に姿勢や動きが変わります。

皆さん、我慢せず当院へ気軽にご相談ください。

〈 外来部門 〉

●一般的なリハビリ

肩・腰・膝などの痛みでお困りの方などへのリハビリとして、姿勢の評価から骨運動や筋肉の動きなどを確認・修正することで、根本的な悪い動きに変化を与えることで痛みの緩和・改善を行います。

イメージ

●スポーツリハビリ

スポーツリハビリでは、医師による手術後あるいは外傷・障害後におけるメディカルリハビリテーションと競技復帰・再発防止を目指したアスレティックリハビリテーションを行います。スポーツリハビリでは、競技復帰に必要な筋力強化だけでなく、再発防止を含めた動作指導(運動連鎖や姿勢制御に基づいた、走り方や投げ方、蹴り方など)、テーピング指導などにより、怪我したあとでも安心してスポーツをできるようにお手伝いいたします。

〈 入院部門 〉

当院に入院された患者様に対して、食事、排泄、移動などのADL(日常生活動作)の能力向上による寝たきりの防止と家庭復帰を目的としたリハビリテーションプログラムを医師、看護師、理学療法士、作業療法士、地域連携室等が共同で作成し、これに基づきリハビリテーションを積極的に行います。

●地域包括ケア病床担当

「地域包括ケア病床」とは、入院治療後、病状が安定した患者様に対して、リハビリや退院支援など、効率的かつ密度の高い医療を提供する為に、厳しい施設基準をクリアし、国から許可を受けた「在宅復帰支援の為の病床」で、その主な役割として、(1) 急性期病床からの患者受け入れ、(2) 在宅等に居る患者の緊急時の受け入れ、(3) 在宅への復帰支援という3つの機能があり、現在、専従の担当者を配置し、積極的に在宅復帰を支援しております。

イメージ
イメージ

〈 訪問リハビリテーション 〉

 訪問リハビリテーションは、療法士がご自宅にお伺いさせて頂きリハビリを行います。入院中や外来通院などの訓練室で行われている一般的な、筋力トレーニングや関節運動、動作練習だけでなく、当院リハビリが取り組んでいる筋肉自体に対しての治療も行います。また、実際の生活環境に合わせて入浴や調理、自宅内外での歩行、外出など実践的なリハビリを展開していきます。
 当事業所の訪問リハビリテーションでは、利用者様が半年後・一年後も安全・快適に在宅生活が送れるよう、ご本人・ご家族に寄り添ってお手伝いさせて頂きます。地域の方々に元気になって頂けるよう全力で取り組んでいます!

イメージ

理学療法士3名 作業療法士1名
男性1名 女性3名

大内・小鯖・仁保地域を中心に、山口市内全域(阿東も含め)対応

〈 主な対象疾患 〉

症候分類

具体的疾病名・症状

整形外科疾患

骨折、脱臼、変形性関節症、頸椎ヘルニア、頚髄症、肩関節周囲炎、野球肩・肘、テニス肘、腰椎ヘルニア、脊柱管狭窄症、リウマチ、切断、靭帯損傷、手指腱損傷、オスグット、シンスプリント等

脳外科疾患

脳梗塞、脳出血、頭部外傷後等

神経内科疾患

ギランバレー症候群、パーキンソン病、運動ニューロン疾患、脊髄小脳変性症、皮膚筋炎、多発性筋炎等

内科疾患

呼吸器疾患、心筋梗塞、糖尿病等

〈 スタッフ紹介 〉

【病院】

イメージ

【老健】

イメージ

水生会 Group リハビリテーション部

〈 理学療法士 藤井智宏 主任からのメッセージ 〉

イメージ地域包括ケアシステム実現のため在宅復帰を重視しつつも患者様、お一人おひとりの身体状況に合わせた『きめ細やかさ』を兼ねそろえ『身体機能向上』のお手伝いをさせていただいております。
地域にとって必要不可欠なリハビリの提供を目指し、スタッフの増員と同時に個々のレベルUPを図るべく、体制強化を本格始動いたしております。
また、地域包括ケア病床15床を取得しております。在宅復帰実現に向け、是非、当院をご活用ください !!

    柴田病院が行うリハビリテーションについて
ページのトップへ